ナチュラル可愛いインテリアにおすすめの、おしゃれデスク活用術

小学校入学のお祝いで買ってもらった学習机。自分だけの家具を手に入れたうれしさに、毎日宿題をしたり、引き出しの整理も楽しく感じたりと大活躍でしたよね。

でもだんだん使う頻度も減っていき、大人になって気がつけば、自宅にデスクがない生活が当たり前に。そんな机も、今度は自分の子どもが必要な歳になったり、キッチンの隅にちょっとあると便利だからと購入したりと、やっぱりインテリアとは切っても切れない家具のひとつです。

でも机なら何でもいいわけではなく、学習机を使っていたころの経験がある私たちだからこその、デスクに求める条件がありますよね。

スペースや用途にぴったりの大きさで、収納もないよりはあったほうがいいに決まっている。でも機能だけでなく、ナチュラルなインテリアにすんなりなじむスタイルも大切。そんなさまざまな条件を満たしてくれるデスク選び。

実はちょっと視点を変えるだけで、選択肢がぐっと増えます。今回はそんな大人の机選びに参考にしてほしい、おしゃれなデスク活用術をご紹介していきます。

実用性しっかりの、小さなデスク

家事の合間にパソコンをしたり、レシピのメモを取ったりと、『ちょっと使い』にのみ机が必要であれば、ちっちゃな作業台程度のデスクを、ダイニングやキッチンの片隅に置きましょう。どんなナチュラルインテリアにもなじむ、シンプルなものがおすすめです。

このデスク用のチェアやスツールはわざわざ用意せず、必要な時だけダイニングチェアを用いれば、スペースもお金も節約できますよ。こんなふうに、ちょっとした収納スペースがついていれば、パソコンや筆記用具をしまっておけるので、普段は季節のお花や好きな雑貨を飾るサイドテーブルとして利用できるのも、お役立ちポイントです。

横長テーブルを、子ども用のデスクに

子どもたちの様子が常にわかるよう、最近は子ども部屋ではなく、リビングダイニングに勉強机を設けるご家庭も多いですよね。カウンターキッチンや壁・窓付けにして、カウンターのような横長テーブルを勉強机に見立ててはいかがでしょう。

引き出しがついているので、ちょっとした文房具を収納することもできますし、真ん中に小さな本立てや小引き出しを置けば、お子さんがふたりいる場合も間仕切りと収納を兼ねた使い方ができます。卓上を片づければ、ママがカフェ風のひと時を過ごすスペースにも変身する、おしゃれ勉強机です。

ナチュラルおしゃれなアンティークミシン机

鉄脚の細工もミシン本体の装飾もステキな、アンティークの足踏みミシン。ナチュラルアンティークのおしゃれインテリアの一部として、また、状態がいいものを趣味の手芸に実際使うために、狙っている人も多いのではないでしょうか。

そんなインテリアにも実用にもお役立ちのアンティークミシン、実際にお持ちの方は、必要なときにはデスクとして利用してしまうのも手です。ミシンをしまって天板を折りたたんだ状態にすれば、多少段差はありますが、たまに利用するには十分なデスクスペースが確保できます。

物書きをしながら、使えなくても脚踏みをしてみたりと、ちっちゃなワクワクの詰まったデスクになりますよ。

最後に

ナチュラルなお部屋をさらに、機能面も充実なおしゃれインテリアにするためのデスク活用術、いかがでしたか?

なくてもいいかもしれないけど、あると便利な机。「デスクとして使ってないときは、どんな使い方ができるかな?」を考えることで可能性も広がり、スペースの有効活用にもつながりますよ。