ダイニングキッチンの主役!シンプル×ナチュラルなアンティーク食器棚

ダイニングキッチンの主役と言ったら、やっぱり食器棚。

「お部屋の大きさに合ったサイズで、家族の人数にも合った収納力。」
「食器の出し入れのしやすい奥行。」
「ただ食器を入れただけで、なんとなくおしゃれに決まる!」

そう、主役だからこそ私たちのかける期待も大きいのです。そんなちょっと欲張りな私たちの注文を聞いてくれるシンプル×ナチュラルな食器棚としておすすめしたいのが、アンティーク食器棚。

使い続けられてきたのにはきっと訳がある!と言うことで、今回はアンティーク食器棚の良さを解明していきます。

ナチュラル食器棚に不可欠なシンプルデザイン

ナチュラルなダイニングキッチンにほしいのは、木の温かみを感じさせる食器棚。でもコテコテ装飾がついているのではなく、素朴なシンプルラインのものがいいですよね。

アンティーク食器棚は、そんなデザインの要望もすんなりクリアしています。そして新品家具では到底かなわない、使い込まれた木独特の風合いももちろん揃ってますよ。

大きな食器棚は上下バラバラでもお役立ち

今はまだ夫婦二人だけど、子どもができた時のことを考えたら今から大きい食器棚を買っておこうかなぁ…なんて計画上手さんを支援するように、大きなサイズも多いアンティーク食器棚。

でもポイントは、ただ大きいだけでなく、上下段バラバラにできるところです。一段ずつ別々の部屋で使うこともできる、柔軟性がうれしいですね。

便利でかわいいスライド式作業台付き

お料理をよそったり、食材をとりあえず置いておいたり、ダイニングキッチンでいくらあっても困らないのが、ちょっとした作業スペース。そんな時に役立つ、スライド式の作業台がついているものが多いのも、アンティーク食器棚のおすすめポイントです。

取り出しやすいように取っ手がついているものは、それだけで購入の決め手になりそうなかわいらしさです。食器の出し入れにも、もちろん便利なこと間違いなしですね。

目隠しの役割もしてくれるレトロガラス

アンティーク食器棚の木味やシンプルさと一緒に目につくのが、ガラス戸です。

透明ガラスでもゆらゆらガラスと言われる、ガラスが軽く波打ったようなもの。小さな気泡が無数に入った気泡ガラス。ほかにもダイヤガラスや結霜ガラスなどの、ほっこり優しい気分にさせてくれるレトロガラスがよく使われています。

特にモールガラスなどの半透明ガラスは、食器棚の中をほどよく隠してくれる役目もしてくれて、おしゃれ便利ですよ。

最後に

おしゃれなデザインだけでなく、使い勝手もいいアンティーク食器棚の魅力、いかがでしたか。収納力や取り外し可能な棚板など、おすすめポイントは今回ご紹介した以外にもまだまだ盛り込まれています。

今度シンプル×ナチュラルな食器棚を探すときは、ぜひアンティークものたちにも目を向けてみてくださいね。