ナチュラルキッチンでの食器収納にも便利なアンティーク収納棚

いざ食器棚を買おうと探してみたものの、奥行に不満を感じたり、求めていないレンジボードがついていたり、引き出しの使い勝手にちょっと不安を感じたり。

その上ナチュラルキッチンに合う、シンプルだけど決して無機質でないものとなると、また見つけるのに一苦労。

そんなあなたの理想の食器棚像をかなえてくれるのは、もしかしたらアンティーク収納棚かもしれません。

もちろん、ひとことで「収納棚」と言っても、種類は山のよう。だからこそ使い手とナチュラルキッチンに合った、使いやすさとおしゃれさを兼ね備えたものが隠されているんですよ。どんなものがあるのか、さっそく見ていきましょう。

ガラス引き戸のシンプルなアンティーク収納棚

ゆらゆらガラスの引き戸が並んだだけの、いたってシンプルなアンティーク収納棚は、とにかく食器類を一目で見てわかる収納をしたいナチュラル好きさんにおすすめです。

オープンシェルフのような開放感があるのに、ホコリの心配がいらないのがうれしいですね。丸見え収納が不安なら、モールガラスなどのレトロガラスが使われているものを選べば安心です。

食器の数や部屋の大きさに合わせて、選べるサイズや奥行も大小さまざま。背の高いものほど上下段バラバラにできるので、一段ずつで使える柔軟性も買いポイントですよ。

ユニークなパタパタ扉のアンティーク収納棚

ガラス戸の収納棚だと、色やスタイルがバラバラな食器たちが目立ったり、いつも見せる収納に気を配るのが大変!

そんな人におすすめなのが、パタパタ扉のアンティーク収納棚。しっかり隠して収納してくれるだけでなく、扉を上下に開け閉めするデザインがとても個性的です。中になにが入っているか家族みんながわかるように、ネームプレートを付けるとおしゃれ+機能性アップにもなりますよ。

でも残念なことに、デザイン上いちばん上の棚以外は、扉を開けたまま中のものを出し入れできないことが多いので、購入前にちゃんと確かめましょう。

狭いキッチンをすっきりと。アンティークガラスケース

狭いダイニングキッチンにおすすめのアンティーク収納棚なら、ガラスケースです。ほとんどの面がガラスなので、光を通してインテリアを明るく見せてくれます。

収納する食器棚も白などのできるだけ明るい色合いのものにすると、すっきり効果が倍増しますよ。卓上におけるような小さなサイズから、しっかり食器棚として活躍してくれそうなサイズのものまで、たくさん選択肢があるのも助かります。

ただガラスケースはたいてい背が低く、食器の出し入れにはいちいちしゃがむ必要があります。立ったまま出し入れしたい人は代わりに、アンティークケビントにすると楽チンですよ。

最後に

ナチュラルキッチンで食器収納にも役立つアンティーク収納棚たち、いかがでしたか。見せる収納・隠す収納や、狭いキッチンをすっきり明るく見せるなど、実用面でもそれぞれ個性が光る家具ばかりでしたね。

ほかにも、「お掃除がラクな脚付き」など機能とデザイン両方に着目して、理想の食器棚を見つけてくださいね。