見せる収納にぴったり!ナチュラルインテリア好きのウォールラック

壁のスペースを有効的に活用できるのが、ウォールラック。

ほかの収納棚に比べるととても小ぶりで、壁面に飾る絵のようにインテリアとして愛でられる家具ですよね。アンティークペイントの家具や昭和レトロな家具とも相性が良く、ナチュラルインテリア好きにもとっても人気があります。

特にリビングなどのすっきりとおしゃれに見せたい空間では、「見せる収納」として大変機能しますよ。

今回はそんなシンプルで可愛らしいウォールラックの、楽しいアイディアいっぱいの活用術をご紹介していきます。ナチュラルアンティークな雰囲気で、ほかの家具とうまく調和したコーディネートを覗いてみましょう。

収納だけじゃない、ウォールラックの良いところ

壁がなんとなく寂しげだったり、こまごました雑貨を飾っておくスペースがなかったり。そんな時に、収納としてもインテリアとしても幅を利かせてくれるのが、ウォールラックのいいところ。大きさや扉付きかどうかによっても用途が変わってきますが、どう見せて使うかは人それぞれのセンスです。

また、取り付けはビスどめをするだけなので手順はとても単純ですが、重さによって一人で行うのは難しいです。無理をせず、手助けをしてもらいながら作業することをおすすめします。

魅せながら楽しく収納!ナチュラルなウォールラックの活用術

では、実際の活用例を見ながらさまざまなタイプのウォールラックをご紹介していきます。日々の趣味をより楽しくするアイディアを、ぜひ膨らませてみてくださいね。

ステンドグラス戸が可愛らしいガラスキャビネット

シャビーなアンティークペイントの食器棚にもぴったりな、壁掛けのガラスキャビネット。たとえばこのように、日々のティータイムを楽しむためのコーヒーや焼菓子をストックして置いたり。

結霜ガラスが埋め込まれたステンドグラスがポイントの、カントリーな雰囲気にもぴったりなラックです。

インテリアとしても個性が出る、チキンワイヤーのウォールラック

パステルカラーにも相性の良い、白でペイントされたウォールラックです。チキンワイヤー越しの棚部分にはお気に入りの器や雑貨をセンス良く並べてみましょう。

ビビットな色合いのものを並べればアクセントに、ブルーなどの爽やかな色合いのものを並べれば涼しげな印象になりますよ。

カジュアルなカフェを思わせる、黒板扉付きのキャビネット

ナチュラルなお部屋やヴィンテージな家具にもマッチする、黒板付のレトロなキャビネットです。調味料やスパイス類専用のケースにしたり、メニューを書いて使ったりすればまるでおうちカフェのよう。

遊び心があるデザインが、料理好きにはそそられてしまいますよね。

絵を飾るような気持ちでいろどる、アンティークペイントの飾り棚

白にさりげないシャビーな質感が素敵な、アンティークペイントの飾り棚。扉が無いタイプの壁掛けラックは、「魅せる収納」を存分に楽しみましょう。このように、好きな色を思いっきり表現したりすれば雰囲気は抜群です。お気に入りのものを少しずつ、コレクションのように並べるのがコツですよ。

最後に

収納としてはもちろんですが、自分の趣を飾るための「魅せ場」として十分に活用できること、お分かりいただけましたか。

今回はナチュラルインテリアと相性のいいものに焦点を当ててご紹介しましたが、コーディネートによってさまざまなシーンで取り入れられますよ。それぞれの趣があらわれたおしゃれなスタイル、ぜひ参考にしてみてくださいね。