おしゃれに小物収納。ナチュラルな木製アンティーク小引き出しの活用術

ナチュラルインテリアの小物収納に人気のアンティーク小引き出し。おしゃれなインテリアの本や雑誌を見ていても、卓上にちょこっと置かれているのをよく見かけますよね。

木製家具ならではの木のぬくもりがナチュラルインテリアの雰囲気に合うだけでなく、暮らしの中でどうしても必要になる、こまごましたものたちの収納をかなえてくれる実用性も人気の理由です。

今回はそんな小引き出しの活用術をご紹介します。引き出しの数や高さなど、実は種類が豊富なアンティーク小引き出し。同じくらい豊富な活用術をさっそく見ていきましょう。

ナチュラルなキッチンでこまごま収納に役立てる

こまごましたものの宝庫と言えば、キッチン。食器類や調理道具、調味料などとにかくたくさんのものを上手に整理・収納しないと成り立たない空間です。

そこで発揮される、アンティーク小引き出しの小物収納能力。例えば、手持ちの数が多く、気が付くとぐちゃぐちゃになりやすい箸やカトラリー類を上手に分類収納してみては?

ネームプレート付きのものなら、1段1段入っているものがわかりやすく、お子さんもお片付けを手伝ってくれそうですよ。

アンティーク小引き出しで手芸道具・材料の整理

裁縫や手芸好きさんの頭をいつも悩ますのが、収納。例えばミシン糸だけでも無限と思えるほどのカラーバリエーションがあって、それらをきれいに使いやすく収納しておくのは楽ではありません。

そんな時にも役立てたいのが、ナチュラルな木製の小引き出しです。

むかし事務印を入れていた印箱などは特に、引き出し内に仕切りが付いているので、ボタンやリボンなどの手芸材料の収納にぴったりですよ。

鍵付き小引き出しに大切なものをそっと保管

上手に小物収納することを重視した木製小引き出しの活用術を2つご紹介しましたが、今度は少し視点を変えてみましょう。

アンティーク小引き出しの中には時々、鍵付きのものを見かけます。昔はなにを入れていたんだろう?と気になりますが、せっかくの鍵付き、生かさない手はないですよね?

完全に安全とは言えないので、貴重品を入れるのは躊躇してしまうかもしれませんが、子どもの手に届かないようにしておきたいものなどをしまっておくのにおすすめです。

大きな小引き出しはサイドテーブルにも

さらに視点を変えて、今度はアンティーク小引き出しのサイズに注目してみましょう。小引き出しの中には、もはや「中引き出し」とでも呼びたくなるような、引き出し数も多くて背の高いものがあります。

卓上に乗せるには大きすぎますが、代わりに床置きにはぴったり。ソファ横に置いてサイドテーブル代わりにしたり、ナチュラルインテリアの玄関や部屋の片隅に置いて使うのにもちょうどいいですよ。

最後に

きれいに小物収納するのにはもちろん、大切なものを保管したり、サイドテーブル代わりにしたりと、アイディア次第で膨らむ木製アンティーク小引き出しの活用術、いかがでしたか?

「こんなものの収納にもいいかも!」や「あの部屋に置いたら、こんな使い方ができるんじゃない?」など新しいアイディアが生まれたかもしれませんね。

取っ手デザインやネームプレートの有無などにも気をつけて、使い勝手のいいおしゃれな小引き出しを見つけてくださいね。