ペイントやレトロ家具も活躍。スタイル豊富なナチュラルインテリア実例

木の温もりあふれる家具やグリーンに囲まれた、ナチュラルなインテリア。憧れている方や、実際にお部屋のインテリアに取り入れている人も多いのではないでしょうか。

でもいざナチュラルなお部屋づくりを始めると、「え?これも”ナチュラル”だし、これもなの?」とナチュラルスタイルの多様さに驚かされます。

そこで今回は、いくつか主要なナチュラルスタイルのインテリアを実例とともにご紹介していきます。
「これとこれは別のスタイルだったんだ。」や「私が好きなのはこのスタイル!」と、ジャンルが大きすぎて困ってしまう”ナチュラル”スタイルの実体が見えてくるはずですよ。

狭い空間にもぴったりなレトロナチュラル

アンティークと呼ぶにはまだ早い、昭和の初めごろに作られたレトロ家具は、コストや生産性を理由にとてもシンプルな作りになっています。いかにも”ナチュラル”な柔らかな風合いが感じられる無垢材でできた家具が多く、ナチュラルインテリアにはぴったり。

ひとつふたつお部屋に取り入れるのももちろんいいですが、北欧家具などと違いサイズも小さめなので、レトロ家具で揃えれば狭い空間でも上手にナチュラルなインテリアがかなえられます。

明るい白×フェミニンな甘さ、ナチュラルフレンチ

白を基調とした中にフェミニンな甘さが光る、女性に人気のスタイルと言えばナチュラルフレンチ。もともと壁は白いお家が多いので、取り入れやすいインテリアスタイルでもあります。

そして白は空間を広く見せてくれるので、狭い空間には特にうれしいですね。ただし白の使いすぎは、寒々しく見えてしまうので要注意。

テーブルの天板だけは床と同じ色調にしたり、観葉植物やドライフラワーを適度に飾ったりして、ナチュラルさをしっかり確保しましょう。

木の味わいたっぷり。親しみやすいナチュラルカントリー

温かみと親しみやすさも感じるナチュラルカントリースタイル。ひとことで「カントリー」と言っても、アメリカンや英国風などサブジャンルがいろいろあります。

その中でも最近特に人気なのが、フレンチカントリーのインテリア。ナチュラルフレンチとの違いが分かりにくいですが、ペイントは控えめに木の味わいが伝わりやすい家具を多用しているお部屋のほうがカントリーらしさが感じられます。

手持ちの家具にアンティークペイントを部分的にしてみるだけで、急にカントリーっぽくなったりもするので、DIYを手始めにするのもいいですよ。

古民家カフェのようなくつろぎ感、和ナチュラル

古民家カフェのような、和の要素とナチュラルな雰囲気が融合した和ナチュラルなインテリア。「家族から和箪笥を譲り受けたから。」や「新居が和室ばかりだったので。」と始めてみたら、その独特のくつろぎ感に、やっぱり自分は日本人なんだな…とはまる人も多いようです。

和食器を集めていたり、刺し子など和のお裁縫仕事が好きな人には特におすすめです。和の伝統は大切に、でも背伸びはせずに住みやすく、と住人さんの姿勢もナチュラルになれるスタイルですね。

最後に

フレンチから和まで幅広いナチュラルインテリア。その上、日本のレトロ家具を取り入れたり、白を始めとするペイント家具も使ったりと、本当に多様なインテリアスタイルです。

だからこそ、いっぱいあってどうしたらいいのか分からない…と悩むのではなく、自分や家族が好きな家具や小物を集めて、自分たちなりのナチュラルスタイルなインテリアを作ってしまってもいいのではないでしょうか?

住んでいる人たちがナチュラルにいられる、そんな居心地のいいお部屋づくりを楽しんでくださいね。