レイアウトも大切。狭いオフィスを彩るアンティーク家具選びのコツ

オフィスやワークスペースに絶対必要な家具と言えば、デスクと収納家具。使い勝手や大きさなど、選ぶ基準は使い手とその空間の数だけあります。

そうした家具一つ一つの働きももちろん重要ですが、ホームオフィスなどスペースの限られた狭いオフィスの場合は特に、これらの家具の配置も仕事の効率を左右する大切なポイントです。

そこで今回は、アンティーク家具のオフィス使いについて考えてみましょう。

中でも狭いオフィスで使うことを意識した、アンティーク家具の選び方とそのレイアウトのコツをご紹介していきますよ。

用途やオフィスの広さに合わせたデスク選び

アンティークデスクは大きく、足を入れるスペースの両側に引き出しがついた両袖机、片側だけについた片袖机、そしてどちらにもついていない平机に分けられます。

現代のスチール家具でもスタイルは同じですが、経年の木の味わいはやっぱりアンティークならではですよね。引き出しがついているほうが便利ですが、その分デスク自体も大きくなってしまうので、オフィスの広さ、必要な作業スペースなどを考えて選ぶといいですよ。

このように、後ろからも引き出し収納ができる珍しいタイプを発見できたりするのも、アンティーク家具を選ぶおもしろさです。

オフィスに不可欠な収納家具はじっくり選ぶ

アンティークデスク同様、使い込まれた木味や珍しいタイプの取っ手やネームプレートなど、味気ないスチール家具にはない良さがあるアンティーク収納家具。長期保管が必要な書類や仕事の参考資料、そして文房具類やファイル・フォルダーなど、オフィスに不可欠な大小さまざまなアイテムを上手に整理・収納しておくために必須となります。

一点ものでひとつひとつ違うアンティーク収納家具は、ついつい見た目で選びたくなってしまうもの。でも狭いオフィスの場合はそれをぐっとこらえて、収納目的や今後のことを具体的に考えると、ちょうどいい大きさや引き出し数のある実用的なアンティーク収納家具が見えてきますよ。

狭いオフィス空間を有効活用するための家具レイアウト

落ち着きとくつろぎ感のあるアンティーク家具に囲まれたオフィス。想像しただけで仕事が楽しくなってきますが、狭いオフィスの場合きちんと家具レイアウトを考えないと、落ち着きともくつろぎとも縁遠い空間になってしまいます。

最初に決める大きな家具のレイアウトが肝心

ご家庭でも同じですが、まずは大きな家具の配置場所を確保しましょう。この時壁面ばかりに気を取られないで、思い切って部屋の中央に持ってくることを想定すると、意外に使いやすいオフィス空間ができるかもしれませんよ。

日本のオフィスでよくあるように、デスク同士が向かい合せになっていると、気が散って思うように仕事がはかどらないことも。大きな収納家具をパーテーション代わりに配置すると、仕事に集中しやすいレイアウトがかなうこともあります。

ただ狭いオフィスの場合、圧迫感があるのであまり背の高い家具を使うのはおすすめできません。
大きくても高さを押さえた収納家具なら、スタッフ同士のコミュニケーションも取りやすくなりますね。

最後に

現代のオフィス家具とは違う、味わいや落ち着きがあるアンティーク家具。一点ものなので、似ていても少しずつ大きさやデザインが違い、実は選択肢が多いのも特長です。

特に狭いオフィスの場合は家具の配置にも気をつけて、スタッフ一人一人が仕事に集中しやすく、コミュニケーションも取りやすいオフィスインテリアづくりを目指してください。