ナチュラルガーデニング初心者さんのためのおしゃれ植木鉢の選び方

多肉植物やハーブ、観葉植物など、お庭だけでなく、ベランダやお部屋でガーデニングを楽しむ人が増えています。

暮らしにグリーンがあることで、ホッと心にゆとりが生まれるのはもちろんですが、せっかくならナチュラルインテリアにおしゃれ要素をプラスしてくれると、もっとうれしいですよね。

そんな時注目したいのが、どんな植物を育てるかだけでなく、その植物をどんなふうに演出するか。部屋のどこに置くか、なども大切ですが、まず最初に着目したいのが、プランターや植木鉢です。でもいくらおしゃれでも、植物が元気に育ってくれなかったら意味がありません。

今回は、植木鉢の種類ごとのメリットやデメリットと、その鉢ならではのおしゃれ術を併せてご紹介していきます。

定番の素焼き鉢から始めるナチュラルガーデニング第一歩

スタンダードとも言える、素焼きの植木鉢。土からできているので、吸水性や通気性があり、グリーンには最適な環境です。ただしこれは裏を返せば、乾燥が早いと言うこと。こまめな水やりが必須になります。

お値段も手ごろな上に、使い始めると徐々に味わいが出てくるので、ガーデニング初心者さんには試しやすいタイプの植木鉢です。

ちょっと違うおしゃれを楽しみたい人は、簡単DIYでペイントしてしまいましょう。植えるグリーンとの色の相性を考えたり、黒板塗装ペイントにしてみたりと、ナチュラルガーデニングでの楽しみ方はいろいろです。

手頃なプラスチック鉢は「とりあえず」使いに最適

お店でグリーンを購入した際によく入っている、プラスチック鉢。軽くて安価なため、植木鉢売り場でも、さまざまな色や形の鉢が目につきます。

素焼きと違い吸水性や通気性がないため、植物には喜ばれない環境ですが、水やりを忘れがちの人には実はおすすめです。ずっと使っていると自然劣化してしまいますが、「とりあえず」の鉢として使うにはいいでしょう。

その際鉢ごと、かごやホーローのボウルなどおしゃれ容器に入れれば、ナチュラルインテリアでも見違えたように活躍してくれますよ。

ちょっと高価な陶器鉢は、アイディア次第で代用可能

最近色や形もどんどん増え、そのままですでにセンスのいい陶器の植木鉢。素焼きと同じで吸水性と通気性にすぐれているので、こまめな水やりができるガーデニング上手さんにぴったりです。ただ装飾や色がほどこされている分、素焼きに比べてお値段が高いのに、衝撃で割れてしまうこともあるのがちょっとつらいところです。

そこで代用したいのが、縁が欠けてしまったカップやティーポットなどの食器類。自分だけのオリジナル陶器鉢に変身してくれます。他にも家の中を見渡せば、「もう使えない」と思っていた意外なものが、かわいい植木鉢になってくれるかもしれませんよ。

ひと手間が長持ちにつながる、木製の植木鉢

ナチュラルインテリア好きさんなら是非使いたい、木製の鉢やプランター。自然素材なので、吸水性・通気性ともに申し分ないのですが、木と水はあまり相性がいいとは言えません。木がどんどん劣化してしまうので、たとえ防腐処理がしてある鉢でも、長持ちさせるためには、定期的に防腐剤を塗る必要があります。

この手間が面倒にならないかちゃんと考えてから、利用するか決めましょう。植えつけのとき土を入れる前にビニールを敷くと、水分が木に入る込むのを防いでくれるので、その後の鉢のお手入れが楽になりますよ。

最後に

それぞれに特徴のある、さまざまなタイプの植木鉢、いかがでしたか。吸水性や通気性の良さが実は乾燥につながってしまい、水やりに気を配らなくてはならない、などどれも一概にメリット・デメリットと呼べないことがわかりましたね。

ご自分やご家族の性格や生活習慣、ガーデニングをする環境のことなども考えて植木鉢を選ぶと、家族もグリーンも気持ちよく過ごせる、おしゃれナチュラルガーデニング生活がかなうはずですよ。